色指定について

印刷物の色表現方法についてご案内します。
PCモニター上のRGB形式と違い、印刷物はCMYK形式という色表現形式で出力されます。
より精度の高い色指定をしていただくためにも、下記をご一読ください。


印刷データ作成上の注意 印刷データ制作サイズ 色指定について データ入稿方法 ホーム

インクの3原色+補色の黒色

  CMYKとは、シアン(C)、マゼンダ(M)、イエロー(Y)の3色と補色であるブラック(K)を組み合わせた色表現形式のことです。
  印刷では、このCMYK方式をもちいて、さまざまな色を表現しています。
フルカラー(CMYK)    シアン(C)           マゼンダ(M)         イエロー(Y)         ブラック(B)

カラー シアン マゼンダ イエロー ブラック

特色

  CMYK以外の、単色として作られた色およびインキです。
  金色や銀色、パステルカラーなど、CMYKのインキの組み合わせで作れない色を表現するためにもちいます。
  なお、代表的な特色ブランドとしては、「DIC」や「PANTONE」があります。

DIC                          PANTONE
DIC PANTONE
モノクロ

  モノクロとは白黒のことです。白から黒の中間を微妙なグレーの階調で表現するグレースケールと、
  白と黒の2色だけで表現するモノクロ2階調があります。

グレースケール    モノクロ2階調
グレースケール モノクロ2階調
色指定の方法(カラー)

  配置画像を含むすべてのファイルをCMYKで制作してください。
  RGBカラーは出力されなかったり、色味が変わったりする恐れがあるのでご注意ください。
  特色の設定で「スポットカラー」は使用せず、分解して「CMYK」の組合わせ「プロセスカラー」で作成してください。

フルカラー印刷
色指定の方法(モノクロ)

  黒(K)1色で制作し、刷り色を作業依頼書に明記してください。
  配置画像はグレースケールで保存してください。
  ※特色指定(DICナンバーやPANTONEナンバー)の場合でザラ紙、上質紙などはインクが浸透しやすく色がにじみます。

モノクロ印刷

このページの先頭へ戻る